ケノンは生理前、生理中、生理後いつでも使用していい!?ベストな照射時期とは⁇

ケノンの使用頻度は2週間に1度が理想のペースですが、それだとどうしても生理の周期にブッキングしてしまうことがあります

生理中や、生理前後でベストの照射のタイミングで使用した方が効果も出るし、肌への負担も少なくて済みますよ☆

また、脱毛だけではなく美顔器としての使用のタイミングもご紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね

脱毛のタイミング

だいたい月1でやってくる生理

めんどくさいったらありゃしないですが、女として生まれた以上仕方がありません。

脱毛サロン等では生理中の脱毛は断られることが普通です。

これは、部位がVIOだからとか関係なく、生理中はホルモンバランスの乱れで、照射してもあまり効果が出にくくなったり、肌が敏感になっているところに強い光を当ててしまうと思わぬ症状が出てしまうということがあるからです。

これは、脱毛サロンだけではなくケノンも同じで生理中の使用は絶対にやめましょう。

生理中は肌が敏感になっているというのは、世の女性は感じたことがあると思います。

化粧ノリが悪い、肌荒れするどころではなく、ケノンでの光の照射でいつもより痛みを感じやすくなったり、炎症などの肌トラブルのリスクも上がってしまいますよ(汗)

さて、問題はベストな照射時期は生理前なのか、それとも生理後なのかというところですが。

正解は生理後です

生理前も排卵日だの女性ホルモンのバランスが乱れることに変わりありません。

ですが、どうしても生理前にケノンを使わなくてはいけなくてどうしようと悩んでいる方も、最低限これはやっておきましょう、という方法を行っておけば、まだ大丈夫

次でそちらをご紹介していきますよー

生理前のケノン使用方法

先ほどもいいましたが、生理前は生理中と同じで肌がデリケートになっている状態です。

乾燥してきたり、毛穴が詰まってきたりしていると危険サイン。

肌への水分量が足りていないと、照射の際に火傷を負ったり、痛みを感じやすくなったりします。

なので、日ごろの保湿よりも入念に保湿を行ってください。

そして、次に照射レベルを下げる

これも、デリケートになっているお肌への配慮です。

どうしても、生理前は肌が乾燥しがち。

よって、普段の照射レベルだと肌に刺激を与えすぎて「いつもより痛くかんじる~」なんてことに。

その時は、照射のレベルを下げて照射しましょう。

いつものパワーより劣るわけですから、効果はいつもよりでないのは仕方がありません。

ガッツリ効果を出したい時は生理後に☆

ケノンのベストタイミングは生理後

生理終わった、よっしゃー!ケノンするぞと意気込んでる、そこのあなた

生理が終わったからといって油断してはダメですよ。

生理が終わったら、すぐにホルモンのバランスが戻るわけではありませんから。

理想は生理後1週間。

これくらい間を空ければ、ホルモンのバランスが排卵だのなんだのの呪縛から解き放たれ、いつもの調子に戻ってきます。

ですが、人によって個人差があるものですから強い痛みを感じた場合などは無理をせず、もう少し感覚を空けるか、照射レベルを下げるかしてくださいね

番外編:美顔モードのベストタイミング

美顔器モードも生理中、前後は使ってはいけないのか?という疑問ですが

美顔モードならOKです☆

ですが、肌の水分量が減ってるなぁと感じるときは、十分に保湿して普段の肌の状態に戻して使用してください。

ケノンの美顔モードは、エステサロンで行うフォトフェイシャルと同じ効果が得られるものです。

エステサロンでも、肌の水分量が30%を切っている人には施術を行わないそうです。

ですが、一般の人は30%とか分らんし!と思われるでしょう。

その時は、単純に乾燥しているなーと感じたらやめておけばいいだけです。

無理に使用して、肌に負担をかけたら元も子もないですかね。

それが、「使用上の注意をよく読み、用法を守って使う」ということです。

ちなみに、ケノンの使用上の注意に生理中の脱毛はやめてくれと書いてありますよ。

まとめ

ムダ毛が気になる!と思っても照射時期を誤ると効果が出ないなら、効果が出やすい時期にやった方がいいですよね

また、肌に負担をかける照射をして隠して外出しなくてはいけなくなったりしたら、やめておけばよかったときっと後悔するでしょう。

でも、その時にはもう遅いんです

安全で、より効果を得たいのであれば時期を見誤らないことです

と、偉そうに申しましたがお肌のためにも、あなたのためにもセーフティーなご使用を

コメント