家庭用脱毛器ケノンと中学生の脱毛事情!!

最近の中学生は、本当に大人っぽい子が多く感じます。

ムダ毛の処理の方法は、カミソリや毛抜き、除毛クリームなどの使用一般的だった時代はもう終わってしまったのかもしれません。

今日は、中学生で脱毛器を使用した処理をしている人の意見を紹介していきたいと思います

中学生が使っても効果があるのか

中学生は、ホルモンのバランスが著しく、脱毛器などで脱毛してもあまり効果がないという意見も口コミでは多く見られます。

これには、初潮なども関係していて、初潮から数年しないと効果は見られないということもあるようです。

今は、中学生でもエステサロンや脱毛サロンに通い、ムダ毛の処理をしている子が多いですが、そういう場所では、通う回数や期間が定められている場合もあるので、効果が出なかった場合、かなり損した気持ちになっちゃいますよね

ケノンVS脱毛サロン

ケノンでの脱毛は、正直脱毛サロンのパワーには劣ってしまいます。

ですが、ケノンは一度本体を購入してしまえば、カートリッジの交換等はありますが、ほぼ永久的に使えることもあり、中学生の時にそんなに効果を臨めなかった場合でも、時期を改めて使用することが可能になります。

なので、長いスパンで考えればケノンの方が手軽で簡単に脱毛することができます。

また、1台で家庭内などで使い回せることを踏まえると、かなりお得な買い物かと!

脱毛サロンやエステサロンではそうはいきませんからね。

中学生の脱毛事情

私が中学生のころに行っていたムダ毛処理の方法は、基本はカミソリ。

眉毛や指の毛などの範囲が狭いところは毛抜きで、といった感じでした。

除毛クリームはあまり効果がなかったので使っていませんでした。

中学生のころは、家庭用脱毛器なるものがあることなど知らず、自分でお金を払えるようになったら、脱毛サロンでしっかり脱毛するものと思っていました。

ですが、今の中学生は、自分から親におねだりして買ってもらう、ということもあるようです。

最近の子供は進んでますね。

中学生=子供という考えは古いのかもしれません。

とはいえ、最もポピュラーなムダ毛処理方法は、今でもカミソリが安定の1位なようで、安価に処理できるという点でも、未だに不動のようです。

そこで考えたいのが、肌への負担。

カミソリは言ってしまえば刃物ですから、肌にかける負担は大いにあります。

その点、ケノンは光での照射になりますから、肌への負担はカミソリと比べると低いといえましょう。

ケノンを使う際の注意点

ケノンを使う場合、気を付けなければいけないことがいくつかあります。

① ケノン照射後は日焼けは厳禁

春から夏にかけて、肌の露出が気になり脱毛する機会も増えますが、ケノンの光は言ってしまえば日焼けのようなもの。

さらに紫外線を与えてしまうと、これも肌の負担になります。

② 照射後は冷却すべし!

照射後には、少し肌を冷却し鎮静させてあげましょう。

③ 脱毛後に美顔器機能を使うべからず

ケノンは、脱毛機能のみならず美顔器のエステ効果も秀逸と定評がありますが、脱毛する日と、美顔機能を使用する日は分けて行う必要があります。

脱毛後は肌がとてもデリケート。

肌の負担を考え、美顔機能を使う際は1日あけるのがベター。

補足

ケノンは脱毛器としてのイメージが強いですが、美顔機能も捨てたもんじゃありません。

特に、シミやソバカス、ほうれい線やしわまで効果があるとされており、子供だけではなく、大人も十分に使用価値のあるものとなっています

まとめ

脱毛サロンでは、今では小中学生に向けたプランを打ち出しているところも多くあり、中学生での脱毛は当たり前の時代。

これを知った時は、私の中学生の時にこんな時代だったらとうらやましくも感じました。

脱毛サロンに通う年代の多くは30代が多いようですが、それと同じくらい中学生の脱毛意欲が高く、カウンセリングに来る子が多いとのことです。

自分が中学生の多感だった時を振り返れば、一度は悩んだムダ毛処理。

周りの女子より、自分の毛が濃いことが悩みの種になり、勉強どころではなくなるかも

大体の女子が、体育の時などの肌を露出する際に毛のことに対しコンプレックスを感じるようになるようです。

私も、中学生のころは、毛の処理で悩まなくていい男子がすごく羨ましく感じました

ケノンを使えば、そんなお年頃女子の悩みもさることながら、紫外線によるシミ等が蓄積されたママのお肌もキレイに☆

コメント